悪化させない!その症状〜身体のための生活改善〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

痛風になりやすい人とは

痛風の症状に苦しんでいる人も見てみると、いくつか特徴的な要素を見いだすことができます。
そこで、もし現在は痛風の症状がなかったとしても、以下の点に心当たりのある人は、痛風の予防をすることをお勧めします。
まず、男性の方は、通風に注意をしたほうが良いでしょう。
はっきりいって、痛風は男性がかかる病気と思ったほうが良いと思います。
実際患者のうち、99%くらいの人は男性であると言われています。
なぜ男性の方が発症頻度が圧倒的に多いかというと、女性ホルモンの影響と言われています。
痛風は、尿酸によって発症するのですが、女性の場合女性ホルモンの働きによって、体外に尿酸を排出することができる所があります。
ただし女性の場合でも、更年期以降、女性ホルモンの分泌が弱まってくると、痛風の症状が出てくる可能性があります。
また痛風は、性格とも関係をしているのではないかという意見もあります。
一般的な傾向として、積極的に行動力のある人は、痛風にかかりやすいと言われています。
また競争心があって、度量かで、社会的にも成功をしている人が痛風になりやすいと言われていますので、そのような性格を持っている人は、注意をしたほうが良いでしょう。
これらの傾向についてですが、科学的な根拠があるわけではありません。
ただし、上のような性格で生きてきた人というのは、普通の人と比較すると、どうしてもいろいろなストレスを受けやすくなる傾向があることは確かです。
そのストレスを解消するために、お酒を飲み過ぎてしまったり、暴飲暴食をしてしまったりスレる傾向があります。
このため、生活習慣が乱れやすくなってしまうので、尿酸値が高くなりやすいことは確かでしょう。
もし今期つめて仕事をしてしまう傾向のある人は、時にはアクセルを緩めることも意識して行ったほうが、痛風の症状を発症しづらくすることができるでしょう。
また遺伝的な要因によって、痛風が発症しやすくなる人もいると言われています。
もし身内に痛風もちの人がいる場合には、あなたも痛風を発症する可能性が高いと思ったほうが良いでしょう。
遺伝的に、痛風が発症しやすい体質である可能性が高いと思ってください。
もしも以上のような特徴に心当たりがあるのであれば、常日頃から普通の人よりも、痛風に対して警戒をする必要があると思ってください。
痛風は、生活習慣によって発症をする可能性が高いと言われています。
ということは、常日頃から規則正しい生活を送ることができれば、痛風の発症を抑えることもできるわけです。
Copyright (C)2017悪化させない!その症状〜身体のための生活改善〜.All rights reserved.