悪化させない!その症状〜身体のための生活改善〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

予防するには?

強い痛みがあって、耐えることができないような痛みに発展をすることが多いのが痛風と言われています。
痛風の症状を発症させないようにするために、実は自分でも予防をすることができます。
簡単に言ってしまうと、生活習慣を改善することをお勧めします。
痛風は、生活習慣に問題のある人が、発症しやすい所があります。
そこで、まず肥満気味の人は、ダイエットをすることをお勧めします。
ちなみに身長と体重の関係で、体系を決めるものとして、BMIというものがあります。
これで、18.5から25の間であれば、普通体重ということになります。
もし25よりも大きな値になってしまっているのであれば、いわゆる肥満の状態なので、ダイエットをする必要があります。
またウエストの数値についても、注意をするといいでしょう。
男性の場合には85cm以上、女性の場合には90cm以上の場合には、生活習慣の改善をしたほうが良いと思ってください。
尿酸というのは、私たちが普段食べているプリン体という成分を原料として作りやすくしてしまう所があります。
そこで、食生活の中で極力、プリン体の少ない食品を食べることを習慣づけるようにするといいでしょう。
ちなみにプリン体の高い食料品として代表的なのは、肉汁やレバー、イクラやスジコと言った魚卵系の食品、さらにはオイルサーディンと言った食べ物と言われています。
これらの食料品については、このような食べ物は毎日食べていると、痛風の症状を発症しやすくしてしまうので注意しましょう。
豆腐や卵、乳製品、米、パン、イモ類、野菜類、海藻と言った食べ物については、それほどプリン体も多く含まれていませんので、毎日食べても問題がないでしょう。
このようなポイントをチェックして、日々の食べ物を調整していくといいでしょう。
また腎臓に尿酸が付着をしないようにするためには、とにかく水分を積極的に摂取をするようにしましょう。
一度に大量の水分を飲むとなると、きついと感じる人もいるでしょうが、少量の水をこまめに補給をすれば、それほど苦しくもないでしょうし、きちんと大量の水分を確保することができます。
ただし、アルコールは、飲んでも尿で排出されることになってしまいます。
ですから、アルコールを大量に飲んだとしても、それは水分の補給をしたことにはならないので、飲みすぎないように注意をしましょう。
また過度の運動はよくありませんが、適度に軽めの不可の運動をすることは、痛風対策に効果があると言われています。
Copyright (C)2017悪化させない!その症状〜身体のための生活改善〜.All rights reserved.